本文へ移動

【阪神】青柳が自ら大野雄打ち 146キロを中前にはじき返す

2022年6月24日 19時11分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回、青柳に先制の2点打を浴びる大野雄

2回、青柳に先制の2点打を浴びる大野雄

  • 2回、青柳に先制の2点打を浴びる大野雄
  • 阪神・青柳
◇24日 阪神-中日(甲子園)
 阪神の青柳晃洋投手(28)が自らライバル投手から先制適時打を放った。両チーム無得点の2回2死満塁の打席。1ストライクからの2球目、146キロの速球を中前に打ち返す2点タイムリーとなった。
 相手は中日のエース・大野雄。青柳と大野雄は5月6日の中日戦(バンテリンドームナゴヤ)で、9回まで0―0の投げ合いを演じた。阪神打線は10回2死までパーフェクトに抑えられ、青柳への援護はゼロ。決着がついたのは10回裏、青柳が石川昂にサヨナラ打を浴びた。
 青柳の今季唯一の黒星はその中日戦。リマッチでは、自らのバットで早々と援護した。だが、直後の3回に中日の岡林、石岡に連続適時打を打たれて追いつかれた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ