本文へ移動

【中日】青柳対策ズバリ!岡林・石岡連続適時打で同点 4番木下拓哉以外すべて左打者

2022年6月24日 19時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回、右翼線に適時二塁打を放つ岡林

3回、右翼線に適時二塁打を放つ岡林

◇24日 阪神-中日(甲子園)
 中日・立浪和義監督の大幅なオーダー変更が功を奏した。
 阪神先発はリーグトップ防御率1.17の青柳。指揮官はこの日出場選手登録された石岡を3番、山下を5番に起用し、4番の木下以外は全て左打者を並べた。
 2点を追う3回。先頭の京田が死球で出塁すると、大野雄の犠打、大島の二ゴロで2死三塁。2番の岡林が右翼線二塁打で1点を返し、続く石岡が三遊間を破る適時打でプロ初打点をマークし、同点に追い付いた。
 前回青柳と対戦した5月6日は、9回まで無得点に抑えられた。指揮官の左打者を並べる大胆な選手起用が成功した形となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ