本文へ移動

舞台を映像化のゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」中村倫也「舞台見られなかった人も細かいところまで楽しんで」

2022年6月24日 18時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
(左から)吉岡里帆、中村倫也、向井理

(左から)吉岡里帆、中村倫也、向井理

 「ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩(きつねせいめいきゅうびがり)』」の劇場公開初日舞台あいさつが24日、東京都内で行われ、主演の中村倫也(35)のほか、吉岡里帆(29)、向井理(40)が出席した。
 「劇団☆新感線」が劇団旗揚げ41周年興行として、昨年秋に上演した伝奇ファンタジー「狐晴明九尾狩」を、同劇団の舞台を映画館のスクリーンで堪能できる「ゲキ×シネ」作品として映像化。見どころを聞かれ、主人公・安倍晴明を演じた中村は「舞台を見られなかった人も、細かいところまで楽しんでもらえると思う。見て損のない作品になっていると思います楽しんでください」。吉岡は「自分は笑いの間を勉強したので、少しでも笑っていただければと思います」とそれぞれ見どころをアピールした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ