本文へ移動

セベロドネツクから撤退命令 ウクライナ側「死者増え続ける」

2022年6月24日 17時49分 (6月24日 18時16分更新)
 23日、ウクライナ東部ルガンスク州セベロドネツクで、破壊された建物脇を歩く地元の男性(タス=共同)

 23日、ウクライナ東部ルガンスク州セベロドネツクで、破壊された建物脇を歩く地元の男性(タス=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は24日、激戦が続く要衝セベロドネツク市のウクライナ軍部隊に対し、撤退命令が出されたことを明らかにした。同市ではアゾト化学工場を拠点に抵抗を続けていたが「死者が増え続けており、破壊された場所にとどまることは意味がない」と指摘した。通信アプリに投稿した。
 セベロドネツクから撤退すれば、川を挟んで南西のリシチャンスク市がルガンスク州に残るウクライナ軍の最後の抵抗拠点となる。ロシア軍はドンバス地域(同州とドネツク州)の完全制圧を目指しており、一層攻勢を強めるとみられる。

関連キーワード

おすすめ情報

ウクライナ侵攻の新着

記事一覧