本文へ移動

「皇居のシンボル」24羽から5羽に お濠の白鳥、高齢化も進む

2022年6月24日 16時00分 (6月24日 16時00分更新)
 皇居のお濠(ほり)のシンボルとして親しまれているコブハクチョウが将来、姿を消すことになりそうだ。来年は初の放鳥飼育から七十年を迎えるが、当初の二十四羽が五羽まで減り、高齢化も進んでいる。新たに他の施設から譲り受けることは動物愛護の観点などから難しい状況だ。 (阿部博行)

皇居外苑の桔梗濠をゆっくり泳ぐコブハクチョウ=東京都千代田区で

 皇居外苑を管理する国民公園協会によると、一九五三年、東京動物園協会の有志でつくる「ハクチョウをお濠に放つ会」を通じ、皇居外苑保存協会(現在の国民公園協会)に上野動物園から十五羽とドイツのハーゲンベック動物園から九羽の計二十四羽のコブハクチョウが贈られた。地元の東京都千代田区は八四年にコブハクチョウに親しみを込めて区の鳥に制定している。
 現在の五羽のうち四羽は二十歳以上の高齢と推定され、二羽は性別が不明。もはや繁殖は期待できず、桜田濠と馬場先濠、和田倉濠、桔梗濠、蛤(はまぐり)濠に一羽ずつ放ち、固形の餌を与えている。
 過去には名古屋城(名古屋市)や彦根城(滋賀県彦根市)、茨城県の牛久沼(龍ケ崎市)などと白鳥の譲渡や交換を行ってきた。だが病死や縄張り争い、石垣の隙間に首を挟まれる事故などで飼育数が減少。卵やヒナはカラスや...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧