本文へ移動

東近江で男女共同参画の街頭啓発 女子硬式野球・バイオレッツ選手

2022年6月24日 05時05分 (6月24日 15時37分更新)
買い物客らにのぼり旗を掲げ、啓発品を配る東近江バイオレッツの選手たち=東近江市八日市緑町で

買い物客らにのぼり旗を掲げ、啓発品を配る東近江バイオレッツの選手たち=東近江市八日市緑町で

 男女共同参画週間が始まった二十三日、東近江市の女子硬式野球社会人クラブチーム「東近江バイオレッツ」の選手が初めて街頭啓発に参加した。
 二十三年前の同日、男女共同参画社会基本法が公布されたのに合わせ、市が主催した。市内の二商業施設の店頭に計二十二人の選手が立ち、買い物客らに啓発品を配布した。
 副主将の鈴木綾乃選手は小中学生の時、男子と同じクラブチームで野球に打ち込んだ。「男女関係なく一緒の練習メニューで、同じように接してもらえてやりやすかった」と回顧。「野球は男性のスポーツというイメージは根強いが、女子野球選手の人口も増えている。その手本となれるよう活動したい」と話した。 (斎藤航輝)

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧