本文へ移動

【MLB】鈴木誠也、オールスター前の復帰見えた キャンプ施設でケージでの打撃練習を再開

2022年6月24日 12時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木誠也(AP)

鈴木誠也(AP)

 5月末から離脱しているカブスの鈴木誠也外野手(27)が、オールスター休み(7月18~20日)の前に復帰できる目が出てきた。23日の米放送局NBCスポーツは、鈴木が19日に入ったアリゾナ州メサの球団キャンプ施設でケージでの打撃練習を開始したと報じた。
 「これは、鈴木にとって正しい方向へ進む上での大きな一歩だ。全てがうまくいけば、新人外野手はオールスター休みの前に再びカブスに合流できるはずだ」
 また、米放送局CBSスポーツは「鈴木が再び大リーグの舞台を踏む前に、実戦形式の打撃練習を行ったり、マイナーの試合に出場したりするのかについて、カブスは現時点で明らかにしていない」と報じた。
 鈴木は5月26日、二盗した際に左手薬指を捻挫し、10日間の負傷者リスト入り。当初は今月10日前後の復帰が見込まれていたため、チームに帯同したまま回復を図っていた。だが、首脳陣は「指の腫れが引いていない」として鈴木自身の復帰志願を退け、打撃練習の中止とアリゾナでの調整を命じていた。
 メジャー1年目の今季、4月は打率・279、OPS(出塁率+長打率)・934と最高のスタートを切り、月間最優秀新人に選ばれた。だが、5月は打率・211、OPS・616と急降下。シーズンを通しては41試合で打率・245、OPS・775。4本塁打、21打点に加え、21四球、49三振、3盗塁となっている。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ