本文へ移動

「平和への思いが伝わる」 UNHCR駐日首席副代表がムゼウム訪問

2022年6月24日 05時05分 (6月24日 15時58分更新)

ナッケン首席副代表(右から2人目)らがムゼウムを見学する様子=敦賀市の資料館「人道の港 敦賀ムゼウム」で

渕上市長(手前)と懇談するナッケン首席副代表(奥左)=敦賀市役所で

 敦賀市の資料館「人道の港 敦賀ムゼウム」に二十二日、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)のナッケン鯉都(りつ)・駐日首席副代表が訪れた。渕上隆信市長との懇談もあり、ユダヤ難民らを敦賀で受け入れた歴史や、ロシアの侵攻によるウクライナ避難民への支援について認識を深めた。 (栗田啓右)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報