本文へ移動

<物価高くらし直撃> (上)試練の農業

2022年6月24日 05時05分 (6月24日 15時42分更新)
 長期化したコロナ禍に続いて物価高が襲ってきた。資源価格上昇や円安は、福井で暮らす人々にも大きな影響をもたらす。参院選がスタートを切った。私たちの生活や産業で何が起きているのかを報告する。
     ×   × 

「有事でも輸入に頼るな」=農業・安実正嗣さん(73)

広大な田んぼを見ながら「肥料高はしばらく続く」と話す田中さん=坂井市の田中農園で

 六月から肥料の仕入れ価格は二倍になる−。先月三十一日、田園風景が広がる坂井市の平野部に百六十二ヘクタール(約一・六二平方キロメートル)の農地を持つ「田中農園」社長、田中勇樹さん(43)は知人の仲卸業者から衝撃的な事実を聞いた。ロシアのウクライナ侵攻からわずか三カ月後のことだった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報