本文へ移動

子どもと本をつなぐエッセー集出版 松本の児童書専門店広報・越高さん

2022年6月24日 05時05分 (6月24日 14時41分更新)
新刊を手にする越高さん=松本市沢村のちいさいおうちで

新刊を手にする越高さん=松本市沢村のちいさいおうちで

 松本市沢村の児童書専門店「ちいさいおうち」の広報を担当する越高綾乃さん=東京在住=が、子どもと本をつなぐエッセー集「絵本のつぎに、なに読もう?幼年童話と過ごした日々」をかもがわ出版(京都市)から出した。店は両親が営み、幼少期から本と一緒に育った。「(子どもの)次に読む本を探している人のきっかけになれば。気軽に読んでほしい」と話す。 (中津芳子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧