本文へ移動

「核なき世界」実現急務と宣言 核兵器禁止条約の締約国会議

2022年6月24日 00時26分 (6月24日 00時47分更新)
 核兵器禁止条約第1回締約国会議に出席する各国の政府関係者ら=23日、ウィーン(共同)

 核兵器禁止条約第1回締約国会議に出席する各国の政府関係者ら=23日、ウィーン(共同)

 【ウィーン共同】核を非人道兵器として史上初めて違法化した核兵器禁止条約の第1回締約国会議は23日、最終日の議論を行った。高まる核の危機に警鐘を鳴らし、「核なき世界」の実現が急務と呼びかける「ウィーン宣言」と「行動計画」を採択して閉幕した。
 宣言は「核兵器使用の脅しに危機感を強めている」と指摘、「核兵器の使用や核による脅しは国際法違反だ」と強調。核が二度と使われないことを保証する唯一の手段は廃絶だと訴えた。
 核の非人道性を長年訴えてきた被爆者にも言及し「貢献を称賛する」とたたえ、今後も協力していくとした。

関連キーワード

おすすめ情報