本文へ移動

【広島】サヨナラ目前で転倒…佐々岡監督、中村奨をかばう「何とも。しっかり準備はしていたと思う」

2022年6月24日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐々岡監督

佐々岡監督

◇23日 広島3-3阪神(マツダ)
 広島がまさかの転倒でサヨナラのチャンスを逃した。同点の延長10回裏2死一塁、菊池涼の打球は左翼線へ。一塁から代走・中村奨がサヨナラのホーム目がけて三塁を回った、その直後だった。
 足がもつれ、体勢を立て直せないまま三塁と本塁の中間でひっくり返った。そのまま走っていればクロスプレーの微妙なタイミング。起き上がった中村奨に阪神の捕手・坂本がゆっくりタッチしてアウトになった。
 佐々岡監督は「普通に行ってたら生還していたかもしれないし、足がもつれたのだろうけど何とも言えないね。しっかり準備はしていたと思うし」と現実を受け止めた。
 もう一つもったいなかったのは9回。1点リードで守護神・栗林につないだが、追いつかれた。プロ初の3連投だった栗林は「今日の方が(調子が)良かったのかなと思ってます」と問題はなかったといい「せっかくみんなが頑張って勝ち試合に持ってきたのを自分が点を取られた。今度は自分が助けたい」とやり返せるようにと気合を入れた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ