本文へ移動

政府の賃上げ要請に苦しむ町工場 原材料高も納入単価は上がらず

2022年6月24日 05時05分 (6月28日 12時04分更新)

一つずつ製品をチェックするUKKダイスの上原健治社長=名古屋市中川区で

 ロシアのウクライナ侵攻や円安による物価高が家計を圧迫している。政府は各家庭の収入を増やそうと、企業側に賃上げを要請。だが中小企業は、原材料の仕入れコストの増加と、上がらない納入単価に苦しむ。参院選の論戦が展開される中、名古屋市の町工場の経営者は「大企業だけでなく、市民や中小企業に目を向けた政策を実行してほしい」と求める。
 「今までは何とか給料を増やしてきた。でも、今後も続けられるだろうか」...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

参院選2022
参院選2022
おすすめ情報