本文へ移動

彦根麦酒荒神山醸造所で水彩画展 限定ラベルに採用され松林さん

2022年6月24日 05時05分 (6月24日 10時11分更新)
彦根麦酒荒神山醸造所内で水彩画展を開く松林さん=彦根市石寺町で

彦根麦酒荒神山醸造所内で水彩画展を開く松林さん=彦根市石寺町で

 彦根市平田町の松林憲一さん(75)の水彩画展が、同市石寺町でクラフトビールを販売する「彦根麦酒荒神山醸造所」で開かれている。三十日まで。
 松林さんは、六十七歳まで製造業の会社に勤め、退職後に趣味で水彩画を始めた。昨年十月にあった写生大会で、彦根城の天守を西側から描いた「~天高く~」で彦根麦酒賞を受賞。同社の商品「RED ALE」の限定ラベルに採用された縁があり、個展を開くことになった。昨年五月に開店した醸造所で、作品展が開かれるのは初めて。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧