本文へ移動

『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝12組決定 かが屋、ダウ90000、ヨネダ2000ら

2022年6月23日 20時00分 (6月23日 21時06分更新)
『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝12組決定

『第43回ABCお笑いグランプリ』決勝12組決定

 7月10日に生放送されるABCテレビ『カーネクストPresents 第43回ABCお笑いグランプリ』決勝戦(後1:55)の決勝進出12組が23日、発表された。青色1号、かが屋、カベポスター、こたけ正義感、Gパンパンダ、ダウ90000、天才ピアニスト、ドーナツ・ピーナツ、ハノーバー、フランスピアノ、ヨネダ2000、令和ロマンがファイナリストに選出された。
 今大会には全国から608組がエントリー。ここまでの審査を通過した61組が大阪(6月21日)と東京(同22日)の最終予選に出場し、ファイナリスト12組が決まった。決勝戦の司会は、南海キャンディーズの山里亮太と鷲尾千尋アナウンサーが務める。
 『ABCお笑いグランプリ』は、1980年に『ABC漫才・落語新人コンクール』として創設され、2012年に現行のタイトルに。出場資格は芸歴10年以内のプロの芸人で、全国から参加できる。過去にダウンタウン、ナインティナイン、中川家、ますだおかだ、フットボールアワー、千鳥、かまいたち、霜降り明星らが優勝し、昨年優勝のオズワルドはその後の『M-1グランプリ』などで大ブレイクした。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧