本文へ移動

武尊「心と体を治してまた前を向いて進みます」“運命の一戦”後の心境と感謝伝える

2022年6月23日 20時02分 (6月24日 00時05分更新)
武尊 (C)ORICON NewS inc.

武尊 (C)ORICON NewS inc.

 日本最大規模の格闘技イベント『THE MATCH 2022』(19日・東京ドームで)の第15試合“世紀の一戦”で、那須川天心(23)と対戦し判定で敗れた武尊(30)が23日、自身のインスタグラムを更新し、現在の心境とファンへの感謝を伝えた。
 日本中が注目した一戦から4日後、武尊はリングから去っていく写真と動画を公開。そして「この10年間 勝ち続けてることで自分の存在価値があって 負けたら全てを失うと思ってた。負けた後の想像をするだけで毎日怖くて寝れなくて 今周りにいる人達やファンも負けたらたくさん離れていくのを覚悟してた」と試合前の心境を振り返った。
 すべてを賭けた一戦に敗退後、「でもリングを降りて花道を退場しようとしたら 敗者の僕に対してたくさんの人が集まってきてくれて みんなが『ありがとう』と言ってくれた。そんな言葉を貰えると思ってなくて涙が止まらなかった。その時の声や景色を思い出すだけで今も涙が止まらなくなる」と赤裸々に思いを明かす。
 勝利して声援に応えることはできなかったが、「こんなにたくさんの人に試合を見てもらえて たくさんの人が一緒に泣いてくれて 生きる希望を貰いました。と言ってくれる人がいて 心と身体がボロボロになっても命を削って戦ったこの10年が報われた気持ちになりました」と、これまでの戦いの日々に一つの答えを見つけた武尊。
 「満席の東京ドームでこんな景色を見せてくれて 僕に関わる全ての人達に心から感謝しています。本当にありがとうございました」と感謝を伝え、「心と体を治してまた前を向いて進みます」と再起を誓った。
 5万6339人の観客を集めた歴史に残る格闘技イベントのメインで行われたこの試合は、1ラウンド終盤で天心が左フックで武尊からダウンを奪い、3ラウンドを戦い抜き天心がジャッジ5人の支持を集めて判定勝利。武尊も勝者を称えると、お互いに涙を浮かべながら声をかけあった。

関連キーワード

おすすめ情報

エンタメ総合の新着

記事一覧