本文へ移動

村上宗隆に山田哲人...”強燕打線”役者そろい踏みで2桁得点大勝 貯金は23に【ヤクルト】

2022年6月23日 20時59分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日―ヤクルト 1回表無死、村上が右越えに満塁本塁打を放つ

中日―ヤクルト 1回表無死、村上が右越えに満塁本塁打を放つ

◇23日 中日10-0ヤクルト(バンテリンドーム)
 首位のヤクルトは役者そろい踏みで大勝。11カード連続の勝ち越しで貯金を23とした。攻撃陣が14安打10得点と爆発し、先発の高梨裕稔投手は日本ハム時代の2017年以来となる完封勝利を飾った。
 初回無死満塁は村上宗隆内野手の22号満塁本塁打で先制。331試合連続4番先発出場でアレックス・ラミレスの球団記録に並んだ主砲は、自身が持つ球団記録を更新するシーズン4本目の満塁弾。この時点で12球団最速となる今季60打点に到達し、本塁打も両リーグを通じて単独最多となった。さらに8回にも祖父江から右翼席への23号2ランを放ち、4安打6打点の大暴れだ。
 4回には不振に苦しんでいた山田哲人内野手に久々の快音。2死満塁で中日・山本から走者一掃の二塁打を放ち、18日の広島戦(神宮)以来17打席ぶりの安打が適時打となった。7回には3試合ぶりスタメンの青木宣親外野手も二塁打で好機を広げ、中村悠平捕手の適時打につなげた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ