本文へ移動

データやドローンなど最新技術使い、新たなサッカーの楽しみ方を筑波大と共同研究【日本サッカー協会】

2022年6月23日 19時33分

このエントリーをはてなブックマークに追加
共同研究に関して記者会見した田嶋会長(左)と落合センター長

共同研究に関して記者会見した田嶋会長(左)と落合センター長

 日本サッカー協会は23日、筑波大デジタルネイチャー開発研究センターと「物理再構築技術とサッカーの融合」をテーマにした共同研究を実施することで合意したと発表した。
 共同研究の内容は、/(1)/デジタルデータによる自由視点映像を使ったスタジアムの観戦環境や新たな視聴環境の開発/(2)/VRやドローン技術を駆使した指導技術の構築/(3)/日本サッカーミュージアムの展示のあり方や研究技術の転用・検証―について。東京都内で会見した落合陽一センター長は「新しいサッカーの楽しみ方を伝えられたらいい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ