本文へ移動

岡野祐一郎が4回途中で負傷降板、初回に満塁弾を浴びた後はリズムをつかみかけていたのに【中日】

2022年6月23日 19時14分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回表無死、村上の満塁本塁打となる打球を見る岡野

1回表無死、村上の満塁本塁打となる打球を見る岡野

◇23日 中日-ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 中日先発の岡野祐一郎投手は4回途中で負傷降板となった。
 4回先頭・内山壮の2球目を投じた際にバランスを崩すと、3球目の後には自らベンチに合図を出し、落合ヘッド兼投手コーチとトレーナーが駆けつけた。その後、手当のためにベンチに下がり、そのまま交代した。
 岡野は初回に村上に満塁本塁打を浴びて4点を先制されたが、2回と3回は無失点。リズムをつかみかけていた中で、思わぬ形での降板となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ