本文へ移動

【ロッテ】安田尚憲、特殊なボールを使用して150キロに対応するための打撃練習「速かったです」

2022年6月23日 16時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
約15メートルの距離に設定されたピッチングマシンのボールを捉えるロッテの安田

約15メートルの距離に設定されたピッチングマシンのボールを捉えるロッテの安田

 ロッテが23日、ZOZOマリンスタジアムで全体練習を行い、150キロ以上の速球に対応するために通常よりも3メートル近く短い15メートルからの投球を打ち返す打撃練習を実施した。
 体感速度が150キロになるよう設定され、空振りやファウルチップが続出するなか、安田尚憲内野手が10スイング中、痛烈な打球を5本も外野に飛ばし、存在感を見せつけた。
 球団の担当者によると、硬球ではなく、バットを握る手などへの負荷を考慮して中身がスポンジでできた特殊なボールを使用。ピッチングマシンの球速は実測で135~140キロだったという。練習の意図についても「データ的にチーム課題としてストレートを打ててないというのがあった。直球の体感速度を150キロぐらいになるようにセットした」としている。
 このメニューは練習の最後に出身地別に1チーム5人による対抗戦の形式で実施。安田は快音を何度も響かせ、「速かったです。ホップする感じで。(ソフトバンクの)モイネロとかそういう感じの投手のあれですよね」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ