本文へ移動

【ロッテ】新外国人のオスナは24日からのオリックス戦で初登板へ、井口監督「ビハインドでも投げさせたい」

2022年6月23日 15時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
全体練習に参加するロッテのオスナ

全体練習に参加するロッテのオスナ

 ロッテの井口資仁監督は23日、ZOZOマリンスタジアムでの全体練習後に代表取材に応じ、出場選手登録された新外国人で元大リーグ最多セーブ王のロベルト・オスナ投手を24日からのオリックスとの3連戦(ZOZOマリンスタジアム)で初登板させる意向を示した。
 「この3連戦は、どこかでと思ってますし、ビハインドの展開でも1回、先に投げさせたいというのはある」とした。勝ちパターンでの救援登板については「イニングにもよりますし、今、投げている(救援)3人の勝ちパターンがどういう使い方になるかというも、これから考えていきます」とも話した。
 オスナは大リーグ通算155セーブでアストロズ時代の2019年にア・リーグの最多セーブのタイトルを獲得。6月にロッテに入団し、21日に出場選手登録されたが、22日まで行われた西武との2連戦では登板機会がなかった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ