本文へ移動

【MLB】大谷翔平「イギーも投げないと決まっていた」飛車角だけでなく守護神も”不在”と驚きの”告白”

2022年6月23日 14時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇22日(日本時間23日)MLB エンゼルス5-0ロイヤルズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平がロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で出場した。中5日で今季12度目の登板。連敗ストッパーのエースが、この日も悪い流れを断ち切り、堂々の投球を見せつけ今季最長8イニング、108球を投げ被安打2、キャリアハイの13奪三振で6勝目を挙げた。
 試合後、大谷はNHKのインタビューで飛車角抜きだったことを明かした。「主力の二人(トラウト、ウォルシュ)も休みですし、クローザーのイギー(イグレシアス)が投げないのも決まっていたので、なるべく長い回を投げたいなと思っていました」。
 立ち上がりこそいきなり連打され無死一、二塁。ここで売り出し中のロ軍のウィットJrを迎えたが内角のツーシームで空振り三振に仕留め、これが記念の米通算300奪三振となった。後続も仕留め無失点でスタートを切った。2回以降は奪三振ショー。15打者連続アウトなど安定した投球でスコアボードにゼロを刻んだ。
 
 打線が7回に2点を追加したが、大谷は言葉通りに8回もマウンドへ。2死を奪うと、最後はサイド気味のフォームからスライダーを投じて見逃し三振を奪い、108球を投げ自己新の13奪三振を決めた。(写真はAP)

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ