本文へ移動

【MLB】打者・大谷翔平が見逃し三振に『違う、違う』と右手を振り不満顔もエンゼルスは貴重な追加点

2022年6月23日 13時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷翔平(AP)

大谷翔平(AP)

◇22日(日本時間23日)MLB エンゼルス-ロイヤルズ(アナハイム)
 エンゼルスの大谷翔平が本拠地のロイヤルズ戦に「2番・DH兼投手」で出場。前夜は3ラン2発と2犠飛で、日本人選手最多の8打点を大暴れした。この日は主力のトラウト、ウォルシュが休養で外れ、打線は完全な迫力不足。投打で大谷にかかる期待は大きい。
 第1打席は1死走者なしの場面だった。フルカウントから四球。第2打席は3回2死走者なしからだった。高いバウンドの内野安打。これがチーム初安打で自身も3試合連続安打となった。第3打席はスコアレスで迎えた5回1死一塁。ここも四球を選んで3打席連続で出塁し、満塁後の4番マッキノンの先制犠飛を演出した。
 第4打席は1点リードの7回1死一塁。内角ギリギリの球に見逃したが三振のコール。思わず右手を違う違うとばかりに振って納得いかない表情を浮かべた。ただレンヒーフォが貴重な適時二塁打で貴重な2点目。さらに4番マッキノンにメジャー初安打となる右前適時打も出て3点目も入った。
 打者としてはここまで68試合に出場し、262打数68安打、打率2割6分、15本塁打、45打点。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ