本文へ移動

伊勢鉄道、21年度純利益が4年ぶり黒字 輸送人員やや回復

2022年6月23日 05時05分 (6月23日 12時12分更新)
 県や沿線市町などが出資する第三セクター、伊勢鉄道(鈴鹿市)の二〇二一年度決算は、最終的なもうけを示す純利益が五千四百三十九万円(前年度は二億百二十二万円の赤字)と、四年ぶりに黒字転換した。新型コロナウイルスの流行で減少した輸送人員が若干回復したことに加え、県や沿線市町などが積み立てた基金の取り崩しや、補助金の支援が後押しした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧