本文へ移動

創業100年「歴史守る」 一宮の料亭「菊水」4代目の平松さん

2022年6月23日 05時05分 (6月23日 11時37分更新)
伝統を守りながら挑戦を続ける4代目平松千直さん=一宮市泉の菊水で

伝統を守りながら挑戦を続ける4代目平松千直さん=一宮市泉の菊水で

  • 伝統を守りながら挑戦を続ける4代目平松千直さん=一宮市泉の菊水で
  • コロナ禍になって始めた3800円のランチ
  • 1922年、創業当時の菊水(菊水提供)
 一宮市泉一の老舗料亭「菊水」が今年、創業百年を迎えた。コロナ禍で一時、客が激減したが、四代目として店を継ぐ平松千直さん(34)が大手メーカーなどでの勤務経験も生かし、再び店をにぎわせている。「新しいことに積極的に挑戦し、伝統と歴史を守っていきたい」と意気込んでいる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報