本文へ移動

選手らサッカー授業 あわらの本荘小を訪問

2022年6月23日 05時05分 (6月23日 10時05分更新)
相手をかわすフェイントの指導をする伊東コーチ(左)=あわら市本荘小で

相手をかわすフェイントの指導をする伊東コーチ(左)=あわら市本荘小で

 福井ユナイテッドFCのコーチや選手が二十一日から三日間の日程で、あわら市本荘小を訪問し、体育の授業でサッカーを指導している。 (松田士郎)
 二十二日には、伊東達雄コーチとゴールキーパーの千葉奏汰選手が四、五年生を指導した。四年生三十人の授業では、児童たちは男女別に、ドリブルで相手をかわしてシュートを決める練習や少人数でのミニゲームに汗を流した。ボールを二個使うゲームも行った。伊東コーチは「フェイントをかけて相手を動かして逆をついて」などと声をかけていた。
 四年生は昨年も同様の指導を受けており、吉田龍樹君(9つ)は「みんな協力するのがうまくなっていて、昨年よりずっと面白かった」と話していた。
おすすめ情報

ふくい地域ニュースの新着

記事一覧