本文へ移動

【中日】根尾が好打者・塩見にギアチェンジ三者凡退斬り 自己最速152キロ2度

2022年6月23日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日 根尾

中日 根尾

 中日の根尾昂投手(22)が22日のヤクルト戦(バンテリンドームナゴヤ)で自己最速の152キロをマークした。4点をリードされた8回に5番手で登板。この日に2安打を放っていた塩見を三振に仕留めるなど三者凡退で退けた。21日に投手登録されてからは初のマウンドで好投。今後は本格的に投手陣の一員として存在感を発揮しそうだ。試合は中日が3―7で敗れた。
 セットポジションから左脚を高々と上げ、しなやかな腕の振りで糸を引いたようなボールを投げ込む。根尾が守備位置登録を外野手から投手に変更後、初のマウンドで1イニングを三者凡退に抑えた。
 4点ビハインドの8回。打席での登場曲として使用していたサカナクションの「モス」をBGMに「ピッチャー・根尾」がコールされると、場内にはこの日一番の歓声がわき起こった。
 先頭の長岡を初球の147キロの直球で二ゴロに打ち取ると、続くは代打・川端。2015年に首位打者と最多安打のタイトルを獲得した代打の切り札にも、そのボールは十分通用した。カウント1―1からスライダーで空振りを奪うと、最後もスライダーで再び二ゴロに打ち取った。
 その直後、この日最大の見せ場がやってきた。塩見への初球は外角低めに外れたものの自己最速を1キロ更新する152キロをマーク。2球目にスライダー、3球目に151キロの直球でストライクを奪って追い込むと、最後は再び152キロの外角高めの直球で空振り三振。「根尾劇場」に場内は再び大歓声に包まれた。
 外野手一本でスタートした今季。沖縄・北谷での春季キャンプでは毎朝6時半に球場入り。時にはだしでバットを振り込めば、打撃改善のために重さ3キロのハンマーを投げたこともあった。だが、思うような結果は出せなかった。
 昨秋のキャンプ時から「野手で打てなかったら」と話していたという投手転向が現実味を帯びてくると、4月上旬には自らメーカーに高校時代と同じモデルの投手用グラブを頼み、投手・根尾への準備も進めてきた。
 この日の投球に立浪監督は改めてその素質に太鼓判を押した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ