本文へ移動

元教員の脚本家谷口さん 元同僚や教え子が追悼文集

2022年6月23日 05時05分 (6月23日 11時11分更新)
高校教員や脚本家として活躍した谷口さんの追悼文集をまとめた中川さん(右)ら=津市内で

高校教員や脚本家として活躍した谷口さんの追悼文集をまとめた中川さん(右)ら=津市内で

 津東高校(津市)などで教壇に立ち、昨年五月に八十歳で亡くなった元高校教員の脚本家、谷口晃さん=鈴鹿市=の足跡をたどる追悼文集を、元同僚ら有志がまとめた。谷口さんは教員を定年退職後、シナリオライターの道を志して再出発し、時に厳しく、時に優しく、教え子や世の中に目を向け続けた。関係者は「こんな生き方をした先生がいたことを知ってほしい」と話す。
 谷口さんは一九六七年に三重大教育学部を卒業後、高校の社会科教員になり、演劇部顧問も務めた。津東高校では二十六年間、社会科や演劇を指導した。
 教員時代も脚本を書いたが、本格的に学ぶため、退職後に上京。二〇〇六年には自作のシナリオが月刊誌に掲載され、映画化された。創作活動の合間に県史に演劇史についての執筆もした。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報