本文へ移動

【大相撲】土俵2面にサウナ室まで…元横綱稀勢の里の二所ノ関部屋、名古屋場所宿舎開き「恩返ししたい」

2022年6月22日 16時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新宿舎の完成に笑顔をみせる二所ノ関親方

新宿舎の完成に笑顔をみせる二所ノ関親方

 大相撲の二所ノ関部屋の名古屋場所宿舎開きが22日、愛知県安城市内で行われ、二所ノ関親方(元横綱稀勢の里)は名古屋場所(中日新聞社共催、7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)を前に新たな稽古拠点の完成に感謝した。
 新宿舎建設には二所ノ関親方がスペシャルアドバイザーを務める住宅メーカー「アイ工務店(大阪市)」が全面協力。同社の住宅展示場の一角に屋内外の土俵2面の他に40畳のちゃんこ部屋、2つの大部屋などを整備した。フローリングは床下の部材を通常より狭い間隔で並べる特殊な工法で仕上げ、力士が歩いてもきしまないように配慮した。
 名古屋場所特有の酷暑対策も万全だ。浴室には水風呂用も含めた2つの浴槽とともにサウナ室も完備。二所ノ関親方は「体の中から汗をかきたいと思って私もよくサウナを利用していた。しっかり水風呂で筋肉と頭を休ませることもできる」とご満悦。名古屋場所の開催期間以外は地元の高校相撲部の合宿など地域住民への開放も予定している。
 二所ノ関親方は師匠として初めて臨む名古屋場所に向けて「全員の勝ち越し」を目標に掲げ、「皆さんに喜んでもらえる力士を育てて、恩返ししたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ