本文へ移動

<食問>幕の内弁当のご飯、なぜ俵形?

2022年6月22日 11時30分 (6月22日 13時27分更新)

<Q>最近の幕の内弁当は、ご飯が俵形ではなく、平らなものが多いです。本来の幕の内の意味が知られていないのでしょうか。

俵形のご飯が入った崎陽軒の「幕の内弁当」=東京・高島屋新宿店で

<A>食べやすく、見栄え良く

 食文化史研究家の永山久夫さん(90)=東京都練馬区=を訪ね、幕の内弁当の歴史や定番の中身について聞きました。
 「起源は、庶民が芝居見物をするようになった江戸時代後期です。幕あい(幕の内)に、観客が食べる弁当として広がりました」
 当時の風俗をまとめた事典「守貞漫稿もりさだまんこう」では、「幕の内」を、にぎり飯に「こんにゃく・焼き豆腐・芋・蒲鉾かまぼこ・卵焼きなどを付け合わせ」たものと紹介。「にぎり飯は、白米を木型に詰めて押して俵形にし、黒ごまを上から振りかけていました」。花街のあった江戸芳町よしちょう(今の東京・日本橋周辺)の「萬久まんきゅう」という店の弁当がルーツとされます。

江戸時代後期に生まれた「幕の内弁当」の元々の形(左)(イラスト:永山久夫さん)と、「守貞漫稿」を現代語訳した「近世風俗事典」に載っている「幕の内」の説明(右)

 江戸時代の川柳に、「幕の内 やざまを抜けた 飯を食ひ」という句が残っています。矢狭間やざまとは、矢を射るために、やぐらや城壁などに開けた穴のこと。その穴の形に、にぎり飯を作る木型が似ていることをうたっています。
 さて、幕の内弁当のご飯は、なぜ俵形なの...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報