本文へ移動

試合前日・当日の練習やアップの仕方は?

2022年6月22日 05時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】高校硬式のピッチャーです。試合の前日と当日の練習やアップの仕方を教えてください。 (相模原市 H君=高2)
 【答え】夏の甲子園へ向けて、大会が近づいてきて日に日に気持ちが高揚していることでしょう。プロと違って、多くの高校は監督の指導法にしたがってチーム全体の調整をしていると思います。いずれにしても、いつもの力が出せるような調整が大事です。甲子園出場経験校の監督による投手調整についてのデータがあります。参考にしてください。
 <試合前日>ウオーミングアップは、平常通りでキャッチボールを多めにする。特に遠投で入念にチェックをすると、肩の可動範囲が大きくなって、ボールの回転を確認できます。カットに入ったり、シュート回転したりしていないかを確認しましょう。ピッチングは全くしない人もいますが、30球ぐらい投げるのが一番多い。
 <試合当日>ウオーミングアップはチーム全体で行う。ブルペンでは50球以内が一番多い。大事なことは不安のまま終わらないことで、納得がいかなかったら50球を超えてもいいし、逆に納得すれば30球でもいい。自信をもって試合に臨むことが一番大切です。試合までは入念な柔軟体操やストレッチをしておくと気持ちが落ち着きます。メジャーでは音楽や読書がいいといいますが、難しければ、体を動かしながら気持ちを落ち着かせてください。(慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ