本文へ移動

沢スギの自然 守るぞ 入善 上青小6年が保全活動

2022年6月22日 05時05分 (6月22日 10時07分更新)
杉の苗木を植樹する児童=入善町の杉沢の沢スギで

杉の苗木を植樹する児童=入善町の杉沢の沢スギで

 入善町上青小学校の六年生が校区内の国天然記念物「杉沢の沢スギ」(吉原)で、スンバ(杉の落ち葉)拾いや杉の苗木の植樹をした。
 同校は一九七七(昭和五十二)年に文化財愛護少年団を結成。毎年、児童は地元住民と沢スギの観察や保全活動をしている。
 武村尚樹君(12)は「自然に触れながら、スンバ拾いができて気持ち良かった。今後も沢スギの自然を守っていきたい」と話した。 (松本芳孝)

関連キーワード

おすすめ情報