本文へ移動

【中日2軍】石岡、今季2度目の3安打!月間打率.352「ボールの見極めできていた」片岡監督も評価

2022年6月21日 21時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中前打を放つ石岡

中前打を放つ石岡

◇21日 ウエスタン・リーグ 中日4―7阪神(ナゴヤ球場)
 中日・石岡諒太内野手(30)が「3番・一塁」で先発出場し、5打数3安打の活躍でアピールした。
 雨が終始降る中でも集中力を切らさなかった。石岡が今月2度目となる3安打の“猛打賞"と暴れ回った。月間打率も3割5分2厘に上昇した。
 「しっかりボールの見極めができていたと思う。それで甘い球を仕留められたのが良かったと思います」
 初回から3打席連続安打と、すべて先発した右腕・村上から放った。1、3回はファーストストライクをいずれも左前へ。5回は追い込まれながらも変化球を捉え、しぶとく中前へ運んだ。
 片岡2軍監督は「内容も良かったし、ずっと好調を維持してくれている。守備でもファインプレーがあったし、(1軍昇格の)チャンスに備えてやっていってほしい」と期待した。
 この日の試合前まで阪神の高寺と安打数は51で並びリーグトップだったが、3安打を放って54安打となり単独トップに。「打率は日々上下するものだけど、安打は積み重ねて増えていくので、どんどん増やしていければいいかなと思います」。石岡は1軍再昇格へ向け、今後も持ち前の打撃でアピールしていく。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ