本文へ移動

【中日】今季5度目サヨナラ勝ち!延長10回2死満塁、三ツ俣が左前打

2022年6月21日 20時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10回裏2死満塁、サヨナラ打を放ち、ガッツポーズで喜ぶ三ツ俣(中央)

10回裏2死満塁、サヨナラ打を放ち、ガッツポーズで喜ぶ三ツ俣(中央)

◇21日 ヤクルト1―2x中日(延長10回サヨナラ、バンテリンドームナゴヤ)
 中日が今季5度目のサヨナラ勝ちを決めた。
 多彩な球種を操るヤクルト先発・小川の前に、3~7回の5イニングは全て三者凡退と苦しめられた。
 流れが変わったのは8回。無死一、三塁から代打・溝脇の二ゴロ併殺打の間にしぶとく1点をもぎ取り同点に追い付いた。延長10回は2死満塁から代打・三ツ俣が左前へ決勝の適時打を放ち、競り勝った。
 先発・小笠原は試合前時点でリーグトップ269得点のヤクルトを相手に8イニングを投げ3安打1失点と奮投。その後、R・マルティネス、ロドリゲスと強力リリーフ陣が無失点リレーに抑え、劇的な勝利につなげた。21日、22日とヤクルトに連敗すれば自力優勝の可能性が消滅するところだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ