本文へ移動

笑顔もプールもきらきら 県内公立小で学習

2022年6月21日 05時05分 (6月21日 10時02分更新)
好天の下、弾ける笑顔で3年ぶりのプール学習を楽しむ児童ら=20日、福井市春山小学校で(山田陽撮影)

好天の下、弾ける笑顔で3年ぶりのプール学習を楽しむ児童ら=20日、福井市春山小学校で(山田陽撮影)


 県内の公立小学校で、プール学習が続々と始まっている。コロナ禍でこの2年は中止する市町もみられたが、今年は全市町が実施する意向。福井市春山小では20日、3年ぶりにプール学習が再開された。
 春山小では、1〜2限に水泳の授業が行われ、4年生39人が参加した。児童らは密集する更衣室は使わず、教室などで着替えた。ビート板やクロールで25メートルを泳ぎ、水の感触を確かめながら楽しんでいた。
 村中真央さん(9)は「楽しかったけど、思ったより水の中が冷たかった」と話した。石田修介さん(10)は1年生以来のプールに「前に入ったときよりも浅くなった気がする」と体の成長を実感していた。 (水野志保)

関連キーワード

おすすめ情報