本文へ移動

コービー・ブライアントの妻「父の日おめでとう」2年前の墜落事故で死去した夫を“思い出写真”で偲ぶ

2022年6月20日 10時46分

このエントリーをはてなブックマークに追加
コービー・ブライアントとバネッサ夫人の「思い出写真」(インスタグラムより)

コービー・ブライアントとバネッサ夫人の「思い出写真」(インスタグラムより)

 2020年1月のヘリコプター墜落事故により41歳で死去したコービー・ブライアント(元レーカーズ)のバネッサ夫人は19日、「父の日おめでとう」とインスタグラムに投稿。「娘の最高の父親」とのハッシュタグ(キーワード検索記号#)と、ハートの絵文字4つを添えた。
 添付写真は夫婦が肩を寄せ合う一枚で、2人とも映画スターウォーズのキャラクター、ダース・ベーダーをあしらったTシャツを着用。コービーのTシャツは「#1DAD(ナンバーワンのパパ)」とデザインされている。
 また、相次いで投稿されたスライドショーでは、少年時代のコービーがバスケットをする姿や、遺児となった3人の娘と夫人の写真も見られる。
 墜落事故の現場は、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外のカラバサス。搭乗していた9人全員が死亡し、13歳だったコービーの次女ジアナさんも含まれていた。
 コービーは1996年に17歳で契約したレーカーズ一筋で20年間プレー。西海岸随一の名門チームを99年からNBAファイナル3連覇など5度の頂点に導き、マジック・ジョンソン時代以来の黄金期をもたらした。ファイナルMVP2度、シーズンMVP1度、得点王2度、オールスター選出18度。現役時代の背番号「8」と「24」は、ともにレーカーズの永久欠番。死去した20年に殿堂入りし、史上最多の4度獲得したオールスターMVPは、コービーの名前が冠された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ