本文へ移動

根塚洸雅、”初キャップ10分”でトライ、主将田村に「いつもの笑顔がないぞ」と声かけられ【ラグビー】

2022年6月18日 20時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先制トライを決める根塚

先制トライを決める根塚

◇18日 ラグビー 日本34-15ウルグアイ(秩父宮ラグビー場)
 日本代表が今年最初のテストマッチで快勝を飾ったした。宮崎市で合宿中の主力組を除く”代表予備軍”で臨み、代表デビュー戦となったWTB根塚洸雅(23)=東京ベイ=が前半10分に先制トライを奪うなど計5トライを奪った。ウルグアイとの通算対戦成績は日本の3勝1敗。第2戦は25日に北九州市のミクスタで行われる。
 試合前のウオームアップ。日本代表デビュー戦の根塚は、主将のSO田村優、同じ東京ベイの先輩CTB立川理道に「いつもの笑顔がないぞ」と、続けざまに声をかけられたという。
 「自分では気付かなかったけど、緊張してたんかな。その分、気持ちで引かないで、強気でいこうと覚悟を決められた」
 その覚悟が実ったのが前半10分だ。右ゴール前のラインアウトからFWで圧力をかけ、左隅の根塚へロングパス。根塚は絶妙な間合いで相手2人のタックルをかいくぐる。粘り強いタックルで食い下がるウルグアイ防御をこじあける先制トライをデビューから10分で決めてみせた。
 「声をかけてくれた先輩2人に感謝します。課題も出たけど、そこを伸ばせば世界と戦える手応えはつかめた」
 出る言葉はすべて前向き。試合後は一緒に出場した選手全員から自分のジャージーにサインしてもらったという。
 「ファーストキャップは一生の記念。宝物ですから」。試合後の笑顔はリラックスした普段の根塚スマイル。これからはこれが日常になる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ