本文へ移動

【中日2軍】星野真生がプロ初打点の適時三塁打 片岡監督のアドバイスが奏功「結果につながりました」

2022年6月18日 19時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
星野真生

星野真生

◇18日 ウエスタン・リーグ 広島4-9中日(マツダ)
 中日はドラフト5位の星野真生内野手(18)=豊橋中央高=が9回にプロ初打点となる適時三塁打を放った。1死一塁で広島・島内の初球の直球を捉えると、打球は右中間への三塁打となり、一塁走者のブライトが生還した。”記念”の初打点を挙げた星野は「打席に入る前に、片岡監督から最初からバットを短く持つように言われて、それが結果につながりました」と振り返った。5回には1死三塁の好機で凡退していただけに、「取り返せたのでよかったです」と笑顔を見せた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ