本文へ移動

新潟出身の中日・笠原祥太郎が中学野球部の先輩ラグビー稲垣啓太の「笑わない男」に対抗!? 来季は「失わない男」だ

2019年12月22日 18時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
野球教室に参加した笠原

野球教室に参加した笠原

 中日の笠原祥太郎投手(24)が22日、地元の新潟市秋葉区で野球教室に参加し、来季は1年間ローテを守り抜くと宣言した。「笑わない男」でブレークしたラグビー日本代表の稲垣啓太選手(29)は中学野球部の先輩。今度は後輩がローテを「失わない男」になる。
 野球少年だった稲垣や笠原自身も、かつて参加した野球教室。「座って話を聞いていたのを覚えています」。教える側に回って3回目。約180人にキャッチボールの注意点を伝えた笠原が地元のテレビ局に囲まれ、きっぱりと言った。
 「今年は開幕投手を任せてもらったにもかかわらず1年間ローテを守れなかった。来年はその目標を達成できるようにしたい。一試合でも多く投げている姿を見せたい」
 今季は5月の大型連休前に不整脈で離脱。7月に復帰後は精彩を欠き、8月に再び2軍落ちしてシーズンを終えた。
 「後半はいい球を投げようとして力みすぎていた」。中学野球部の先輩が「笑わない男」なら笠原は「失わない男」。稲垣に負けじと、知名度アップだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ