本文へ移動

<ダイアリー> 母カット

2022年6月18日 05時05分 (6月18日 11時40分更新)
 わが家の三兄弟は、生まれてから一度も理髪店に行ったことがない。三人とも自然な流れで私がカットを担当してきた。短髪で頻度も高いが、素人なりに工夫しながらバリカンとハサミを愛用してきた。
 二年前にバリカンが壊れてしまったので、新しいのを買いに行ったら、ちょうどステイホームの時期と重なって品薄のため、買えなかった。それでもないならないで何とかなるもので、それ以降はハサミ一本で頑張っている。
 長男はもう高校一年生。見上げるほどの身長になり、髪の毛も大人のようにゴワゴワしてきた。そろそろ「母カット」も卒業の時期ではないかと思い、「もし理髪店や美容院に行きたければいつでも教えて」と声をかけているが、シャイな性格の彼は「お母さんの方がどうしてほしいか言いやすいから、いい」と喜ぶべきか微妙な返事だった。
 振り返ってみると、思春期の真っただ中で、時々言い合うこともあるので、散髪中は大切な母子のコミュニケーションの時間にもなっていることに気づいた。彼から「理髪店や美容院に行きたい」と言ってくるまでは、ありがたくカットさせていただこう。
 =一宮市、パート平子悠子(42)

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報