本文へ移動

<みえ人模様> 伊賀、NPO法人「三重のこころ」代表・森下茂治さん

2022年6月15日 05時05分 (6月15日 13時28分更新)
被災地の子どもの姿を撮り続けたNPO法人「三重のこころ」代表の森下さん=伊賀市緑ケ丘南町の同法人が運営する店の前で

被災地の子どもの姿を撮り続けたNPO法人「三重のこころ」代表の森下さん=伊賀市緑ケ丘南町の同法人が運営する店の前で

 NPO法人「三重のこころ」代表で伊賀市緑ケ丘の森下茂治さん(67)は、二〇一一年から六年間、東日本大震災の被災地を訪れ幼稚園児らの姿をビデオに撮り続けた。彼らが成長後に幼いころの姿を振り返ることで、生きる力につなげてほしいと願いを込めた。二四年にはかつての園児たちに映像を渡すため、被災地を訪ねる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧