本文へ移動

東海地方 遅めの梅雨入り

2022年6月15日 05時05分 (6月15日 05時06分更新)
梅雨入りし、雨の下でしっとりとした姿を見せるアジサイ=14日、浜松市西区のはままつフラワーパークで

梅雨入りし、雨の下でしっとりとした姿を見せるアジサイ=14日、浜松市西区のはままつフラワーパークで

 気象庁は十四日、静岡県を含む東海、中国、近畿、北陸で梅雨入りしたとみられると発表した。東海地方では平年より八日遅く、昨年より一日遅い。
 浜松市西区のはままつフラワーパークでは、約三千五百株のアジサイが見頃を迎えた。青やピンクなどの大きな花が咲き、来園者たちを楽しませている。知人と訪れた同市中区の主婦鈴木和子さん(78)は「雨にぬれ、ひときわ美しい。雨の被害もなく、早く梅雨明けしてほしい」と話した。園内では六月末までアジサイを楽しめる。
 静岡地方気象台によると、低気圧や梅雨前線の影響で県内では、十五日昼前から十六日明け方にかけて激しい雨になる。十五日午後六時までの二十四時間予想雨量は、いずれも多い所で、伊豆が一〇〇ミリ、県西部と中部、東部は六〇ミリとなっている。

関連キーワード

おすすめ情報