本文へ移動

"10・8竜戦士"アロンゾ・パウエルが恩師の高木守道氏を悼む「1年目は打てなかったんだ。それでも…」

2020年1月20日 20時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
来日1年目のアロンゾ・パウエル(左)と笑顔で握手する高木守道監督

来日1年目のアロンゾ・パウエル(左)と笑顔で握手する高木守道監督

 17日に急逝した高木守道さんについて、アロンゾ・パウエル巡回コーチ(55)は心を痛めていた。来日1年目の1992年から4年間、選手と監督の間柄だった。
 「1年目は打てなかったんだ。それでも2年目も使ってくれた。高木さんの家族のことを考えると、胸が締め付けられる思いがするよ」
 92年は88試合出場にとどまった。93年に打率3割1分7厘の好成績を残すと、94年から3年連続首位打者に輝き、伝説の10・8決戦でも5番センターでスタメン出場。阪神時代を含めて日本で7年間プレーする基礎をつくったミスタードラゴンズに感謝した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ