本文へ移動

俳優 落合モトキさん

2022年6月13日 10時02分 (6月13日 10時44分更新)
 父方の祖父母が自宅から電車で数駅の所に住んでいたので、幼い頃からよく遊びに行っていました。祖父は服飾関係の仕事が長く、一昨年にがんで亡くなる直前まで、趣味の一環で家で古着屋を営んでいました。リーバイスの「スタプレ」というパンツが最近流行していますが、店には昔から置いてありました。
 祖父母の家は、いつもおしゃれな音楽が流れ、ミシンの音も響いていました。僕もお気に入りの服が破けると祖父の店に持ち込み、縫ってもらっていました。すぐ直してくれて、仕上げが本当にきれい。職人芸でした。僕が今、音楽が好きで普段古着をよく着るのは確実に祖父の影響。表現者という自分の軸ができたのはその環境のおかげだと思います。
 祖父母とも長野県出身で、結婚後、若くして上京してきました。出会いはお見合い。祖父が五歳下の祖母に一目ぼれし、猛烈にアプローチしたと聞いています。祖父は祖母の家の前に座り込んでプロポーズし、祖母は折れて結婚したそうです。
 世代的には珍しいと思うのですが、朝ご飯は祖父が毎日作っていました。せっかちな性格なので、おっとりした祖母が作るのを座って待つよりも、自分でやった方が気楽と思っていたようです。口...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報