本文へ移動

東海学園大が2017年春以来の2部降格 昨春の最優秀防御率賞・山田が先発も6失点【愛知大学野球】

2022年6月12日 20時26分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発した東海学園大の山田恭輔投手

先発した東海学園大の山田恭輔投手

◇12日 愛知大学野球1部2部春季入れ替え戦 愛知東邦大7―3東海学園大(愛知学院大日進グラウンド)
 東海学園大は投打がかみ合わず、2017年春以来の2部降格となった。昨春の最優秀防御率賞投手・山田が先発したが、2失策も響いて7イニング6失点で降板。打線は4回以降は得点を奪えず、けがから復帰して今季初登板となったアンダースロー右腕を援護できなかった。鈴木保監督は「全てにおいて相手の方が上。またすぐに練習します」と再起を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ