本文へ移動

<発掘!中信> 本業に加え結婚相談所運営に挑戦

2022年6月12日 05時05分 (6月12日 12時37分更新)
新たに挑戦する婚活事業への思いを語る平林さん=松本市梓川倭で

新たに挑戦する婚活事業への思いを語る平林さん=松本市梓川倭で

 松本市梓川倭で自動車販売・整備業を営む平林佑樹さん(40)は、全国で結婚相談所を運営する「IBJ」(東京)の事業を活用し、本業に加えて新たに結婚相談所のオーナーとして活動する。これまで「人と関わることが好き」と、顧客の気持ちに寄り添いながら人と車を結び付けてきた。その経験を生かし、人と人との縁結びに挑戦する。 (右田誠弥)
 −結婚相談所を始めるきっかけは。
 二十二歳で自動車業界に入り、十三年前から自動車販売・整備を手掛ける会社を経営しています。三月、仕事でお付き合いをしている長野銀行から事業を紹介されました。仕事の話をする中で、私の話し好きなところや仕切り屋な性格が、婚活事業に向いていると評価してもらったのだと思います。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧