本文へ移動

原辰徳ら抜く史上初の4試合連続本塁打の快挙 東日本国際大の上崎【全日本大学野球】

2022年6月11日 21時21分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東日本国際大の上崎

東日本国際大の上崎

◇11日 全日本大学野球選手権 準決勝 亜大3―1東日本国際大(神宮球場)
 東日本国際大は、5番の上崎が2回先頭で史上初の4試合連続本塁打。東海大の原辰徳(現巨人監督)らの大会記録の3本塁打も抜いた。
 打率も6割8分超としたが、9回2死二塁では二ゴロに倒れ「チームを勝たせたかった。最後は甘い球を見逃してしまい、力入った」と悔しがった。藤木監督は「よくやった。上崎の上をいくバッターを育てて帰って来たい」と神宮を去った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ