本文へ移動

豊橋自然歩道、一部廃止へ 「寝耳に水」地元住民困惑の声

2022年6月11日 05時10分 (6月11日 18時51分更新)
自然歩道に設置された廃止を知らせる看板=豊橋市内で

自然歩道に設置された廃止を知らせる看板=豊橋市内で

  • 自然歩道に設置された廃止を知らせる看板=豊橋市内で
 豊橋市は東部の丘陵地帯にある「豊橋自然歩道」の一部を、九月に廃止すると発表した。歩道の整備や維持管理を担うボランティア団体「豊橋自然歩道推進協議会」が、会員の高齢化で来年度の解散を決めたことが発端。市も公費で維持管理できないという。だが突然の廃止決定に、地元住民からは困惑の声が上がっている。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧