本文へ移動

ラージボール卓球大会・交流会 湖西市いきいきクラブ連

2022年6月10日 05時05分 (6月10日 05時06分更新)
ラージボールを楽しむ参加者ら=湖西市古見の勤労者体育センターで

ラージボールを楽しむ参加者ら=湖西市古見の勤労者体育センターで

 湖西市いきいきクラブ(市老人クラブ)連合会のスポーツ愛好部が八日、ラージボール卓球大会・交流会を同市古見の勤労者体育センターで開いた。コロナ禍で三年ぶりの開催となり、初心者ら二十五人がラージボールに親しんだ。大会では二十六人が腕前を競い合った。
 ラージボールは一般的な卓球で使用するピンポン球よりも直径が四ミリ大きい四十四ミリで、重さが約〇・五グラム軽い。球のスピードが遅く、ラリーが続きやすい。交流会には、ねんりんピックに県代表として二回出場したことがある好田由貴子さん(80)=同市岡崎=らが講師を務め手ほどきをした。参加者は、真剣な表情でピンポン球を打ち返し、ラリーを続けた。緩く浮いたボールには、鋭くスマッシュを打つ練習をしていた。
 愛好部長の外山圭介さん(79)は「交流会に初心者がたくさん来てくれた。スポーツ愛好部に加入してくれる人が増えると良い」と期待していた。
 大会は全て個人戦で、七十九歳以上男子、七十八歳以下男子、七十四歳以下男子、七十六歳以上女子、七十五歳以下女子の五部門。七十四歳以下男子のみ二ブロックに分かれリーグ戦を勝ち抜いた四人がトーナメントで順位を決めた。他の部門は、総当たりのリーグ戦で順位を決めた。
 個人の成績を点数化し、所属地区で競った団体では、岡崎が優勝した。 (桜井祐二)
 上位は次の皆さん。
 ▽79歳以上男子 (1)山本侑助(入出)(2)荒木寛(岡崎)(3)藤村寿男(鷲津)▽78歳以下男子 (1)伊勢田実(岡崎)(2)鈴木文雄(鷲津)(3)鈴木守(岡崎)▽74歳以下男子 (1)冨岡正剛(岡崎)(2)石崎彰(新居)(3)杉浦満(同)▽76歳以上女子 (1)太田悦子(新居)(2)杉浦伊津子(鷲津)(3)疋田三千代(新居)▽75歳以下女子 (1)斎藤サエ子(新居)(2)伊藤まり子(鷲津)(3)疋田千代子(同)

関連キーワード

おすすめ情報