本文へ移動

【DeNA】今永昇太が球団52年ぶりノーノー達成 前日避けた刺し身を「たらふく食いたい」

2022年6月7日 21時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ノーヒットノーランを達成したDeNAの今永

ノーヒットノーランを達成したDeNAの今永

◇7日 交流戦 日本ハム0―2DeNA(札幌ドーム)
 DeNAの今永昇太投手が無安打無得点試合(ノーヒットノーラン)を達成した。最速151キロの直球にチェンジアップ、カットボールを駆使し、最後まで日本ハム打線を寄せ付けなかった。
 球団では大洋ホエールズ時代の1970年に鬼頭洋投手が成し遂げて以来52年ぶりの快挙となり「最後はみんながマウンドに集まってくれることをイメージして投げたのでその通りになりました。この球場は広くてやすいマウンドも丁寧に整備されていて投げやすいです」と達成感に浸った。
 登板に備え、前日は刺し身など生ものなどを避けたそうで「今日はたらふく食いたいと思います」とジョークを飛ばした。
 三浦監督は試合前、珍しく日本ハムの指揮官のことに言及した。「今永が投げる試合は十分存在感を出してくれていますが、今永自身まだ物足りないんでしょう。この北海道で存分に存在感を発揮してもらいたい。ビッグボス以上にね」
 そんな予言(?)通り、今永がビッグボス以上に目立つ試合となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ